〒899-8606 鹿児島県曽於市末吉町深川 1220-11
JR日豊本線財部駅から車で7分

受付時間
9:30~18:00
 定休日
土曜・日曜・祝日

お気軽にお問合せ・ご相談ください  

0986-58-7765

サービスのご案内

当事務所のサービスについてご紹介します。

補助金・助成金申請獲得

  • 補助金や助成金を申請しても獲得できない!
  • 農林水産省と経済産業省、地方自治体に同じような補助金や助成金があり、どれがいいの?
  • 補助金や助成金の申請するために、事業計画や将来の収益を書かなければならないがどうすればいいの?

様々な思いがあり、お客様はこのホームページを見られていると思います。

これらは、専門家に相談すべきです。と言っても、高度で幅広い知見を有している専門家へ相談する方がよいです。例えば、耳鳴りがする際に総合病院に行きますか?耳鼻咽喉科専門のお医者さんに相談した方がより良い診療が受診できると思います。

このサイトを見られているお客様の目的は「補助金や助成金の獲得」です。

闇雲に申請しても早い段階で外されます。何故なら、目的とする補助金や助成金の政策的な意図はどこにあるのか、審査する際の項目や着眼点、例えば最近ならSDGs(2015年に国連で採択された「持続可能な開発目標」(Sustainable Development Goals))の考え方が入っているか、KPI(事業目標の達成度を評価するための「主要業績評価指数」(key performance indicator))はどうなっているのか等、申請書に書き込む必要があります。しかも、簡潔にわかりやすく、ストーリーが一貫していることも必要です。

これらを加味して申請書等を仕上げることはとても難易度が高いです。

申請は、行政書士でも本人でも誰でも記入するだけなので誰でもできます。受験は誰でもできますが、合格するかどうかが重要です。つまり「獲得」が重要です。上述した世界や日本政府の政策動向、地方自治体の施策、ストーリー性は上述したように必須ですが、何よりも採択する側(外部有識者会議等)に納得させ、点数が高得点で上位にならなければ、申請はしても採択されることは厳しいです。

このような際に、当事務所にご相談ください。元国家公務員で補助金等を実際に自ら策定し公募を行い、申請書の点数付から審査、採択までを実際に行っていた当事務所代表が、お客様に寄り添ってしっかりと対応いたします。

補助金や助成金の申請や獲得だけではなく、新事業の立ち上げから、経営計画・事業計画、その後の事業の進め方や経営戦略等についてもサポートし、お客様のニーズに応えます。

詳細はこちらへ

6次産業化(農商工連携)

  • 農業や畜産だけでは収入が低い!
  • 隣の人が生産物を加工して販売を始めて儲かっているらしい、興味がある!
  • 販売を市場ではなくインターネットで販売したい!

これまでは、生産物だけを出荷していたけど、収入が低いので何とかしたいと思っている方は多いです。

このサイトを見られているお客様の目標は、「経営の多角化等による収入の増加」です。

生産物や副産物等に加工等で付加価値をつけたり、生産物を用いた農家レストラン、インターネットを活用した通信販売体験型の観光等とコラボ(組み合わせ)した新しい事業等への参入や経営の多角化、規模拡大したいというお客様に対して、事業計画(事業戦略)から資金調達(補助金やA-Five(農林漁業成長産業化支援機構)のファンド等)事業マネージメントブランディングやマーケティング、販路開拓・拡大までを一貫してサポートいたします。

1×2×3=6次産業化を一緒に推進していきましょう。

また、商工業者が第1次産業の方々と組んで事業を行う「農商工連携」も同じくサポートいたします。元農林水産省本省で6次産業化(農商工連携)事業を推進していた数少ない専門家である当事務所代表が、地域情勢や雇用等も考慮して全力でお客様や関係者の利益を最大化するために尽力いたします。

詳細はこちらへ

HACCP等(食品衛生)

  • 食品衛生法が改正されて新しい規制が始まるらしい!
  • 今後、HACCPというのが必要になるかもしれない!
  • 食中毒等の問題が発生したら、どうなるのか?

2018年に食品衛生法が改正されて、今後HACCP(ハサップ:危害要因分析重要管理点)制度が導入されます。

食品工場だけではなく、加工・販売店、食堂等の飲食店まで各分野カテゴリーに応じた様々な基準や規制等の拡大が検討されています。インバウンドや東京オリンピック・パラリンピック等による更なる食の安心・安全が重視される中、申請や手続き等をサポートいたします。

また、関連してISO22000(食品安全マネージメントシステム)等に対してもサポートいたします。

元農林水産省で食品安全行政にも携わっていた経験から、専門的なアドバイスを通じて、食品関係事業者にもきめ細かくサポートいたします。また、飲食店等の個人のお客様にもHACCPに対応した申請や手続きをサポートいたします。

詳細はこちらへ

民泊・農泊

  • 使わない部屋が空いているけど、勿体ないな!
  • 最近、個人でも人を泊めて収入を得ている人がいるようだけど?
  • 都市部や海外からうちの畑で農作業体験したいというお客様がいるけど、空いている古民家に泊めてあでたいな!

観光客やインバウンドのお客様をおもてなしするホテル等の宿泊施設が不足している状況になっています。一方で都市部や地方部でも空いている部屋や古民家、建物等があり、一般の方々も許認可等を取得した上で当該施設を利活用した宿泊サービスの提供が可能となりました。

このうち、第1次産業者が営む民泊(農泊(農家民泊)、林泊、漁泊)は、特にニーズがあり、許認可等については民泊より若干緩和されていますので、地方創生のためにも全力でサポートしてまいります。

一般の方々の煩わしい法制度の解釈や許認可の申請手続き等のサポートだけではなく、実際に宿泊施設の改修計画の策定PR戦略事業化までをトータルでコーディネートいたします。

また、農泊等については元農水省での経験や知見を活かし、食や景観等の地域資源等と組み合わせた6次産業化と一体となった事業構築についてもサポートさせていただきます。

外国人向け対応を想定されておられるお客様には、外国語の表示や案内等の対応も可能です。

詳細はこちらへ

中小企業支援

  • 息子に会社の後を継がせたい!
  • 身内が少なく従業員か外部企業に事業を譲りたい!
  • 起業するに当たり、補助金や助成金、税制面での優遇はあるのかな?

中小企業等の法人設立の創業期から事業拡大事業継承(M&Aを含む)事業再生等企業のライフステージに応じた諸般の問題解決や事業継続、拡大等のサポートいたします。

後継者不在対策、事業継続のための制度や補助金等の獲得、交渉まで一貫して対応することより、経営者の皆様の不安を解決いたします。

さらに、昨今の自然現象や人為的原因により発生する災害などの緊急事態に備えて、災害時の対応や平常時に行うべき行動をあらかじめ整理し取り決めておき、迅速な事業再開に向けての計画を立て平常時から備えておくことが企業の事業存続や地域経済のためにも必要です。この計画をBCP「事業継続計画」(Business Continuity Plan))といいます。このBCP策定についても対応させていただきます。

当事務所代表は地方自治体から事業承継支援専門家にも登録されています。しっかりした専門知識で各種相談から許認可手続き、問題解決に貢献します。また、事業会社に属してM&A、事業再生等にも携わってきた経験から、経営者の皆様の真の悩みや方向性をしっかり把握した上で一緒に歩調を合わせて進めてまいります。

詳細はこちらへ

GAP・JAS等

  • しっかりした農産物を作ってるので、基準が欲しい!
  • 農産物を輸出したい。百貨店等に出荷して高く売りたい!
  • イスラム圏の方にも食べて欲しい(ハラール)!

農業生産工程管理のGAP(G-GAP、J-GAP、K-GAP等)、有機JAS(日本農林規格)等の各種基準の申請から取得等について対応いたします。
国際的に認められた基準を取得することで、輸出や大手企業等との取引も増加して販路も開拓されます。また、最近のインバウンド等に対応し、イスラム圏の訪日外国人に対応すべく、ハラール認証等のサポートもいたします。

元農林水産省で得た知見から、GAPやJAS制度等にも精通しております。現場では、手続きや記入等が煩雑で、費用も掛かると言った声も聞かれますが、経営状況や今後の事業拡大等とも一緒に話し合って、現時点での選択肢、数年後の選択肢といった提案をすることにより、現状に見合った対応を提案させていただきます。

詳細はこちらへ

講演・執筆等

当事務所代表は、鹿児島県行政書士会役員(理事(企画調整部長)及び曽於(そお)支部長)、農業経営アドバイザー、事業承継支援専門家、大手企業等の顧問等も拝命しており、前職や現職の知見を活かした講演執筆等も行っております。

最近は、6次産業化(農商工連携)等のブランディング・マーケティング戦略地方創生・地域活性化案件の依頼も増加しております。

法人、各種団体、商工会(商工会議所)、地方自治体等からの講演やセミナー、執筆等にも対応しております。

顧問等も随時お引き受けしております。

詳細はこちらへ

通常の行政書士業務

通常の行政書士業務も行っております。

農地法関係農業法人設立知的財産関係ドローン飛行許可申請、出入国関係、自動車登録関係、各種許認可申請等にも対応しております。

専門外の分野の依頼については、その道に精通した弁護士や税理士、行政書士等の士業の先生へお取次ぎやご紹介させていただく場合があります。

詳細はこちらへ

お問合せ・ご相談はこちら

お気軽にお問合せ・ご相談ください

0986-58-7765
受付時間
9:30~18:00
定休日
土曜・日曜・祝日

お問合せはこちら

お電話でのお問合せはこちら

0986-58-7765

フォームでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

お客さまの声

丁寧でプラスαな対応で満足

60代男性 Mさま

佐々木智康法務行政書士事務所さんには丁寧に対応していただき、助成金も取ってもらいました。ホームページを利用したネット販売も新たに導入することができて満足です。

人にお勧めしたいサービス

30代女性 Oさま

このたびは、たいへんお世話になりました。ありがとうございました!的確なアドバイスもあり早々に解決できました。知人にも、ぜひ佐々木智康法務行政書士事務所さんのサービスをお勧めしたいです。

お客さまの声はこちら